曙橋・若松河田の住環境・賃貸物件

曙橋・若松河田の住環境・賃貸物件

JR四ツ谷駅から見て北西方向、靖国通りにちかいエリアには賃貸のマンションやアパートが数多く分布しています。ここでは都営新宿線曙橋駅、および都営大江戸線若松河田駅の周辺の住みやすさや魅力をご紹介しましょう。
 

曙橋駅周辺エリア

都営新宿線の曙橋駅周辺エリアは四谷エリアの北側に隣接しています。四谷三丁目駅付近から外苑東通りを、飲食店の多い荒木町を経て北上したあたりです。片町、市谷仲之町、住吉町、市谷台町、富久町などの街があります。
起伏に富み、坂道が多い街です。比較的高台のところは江戸時代は武家屋敷エリアで、防衛省の広い敷地の西側は今でも大邸宅がならびます。やや低くなっているところも古くからの住宅街です。
靖国通りと外苑東通りという2つの大通りが交差する片町の合羽坂交差点付近だと少し騒音が気になることもありますが、エリア全体としては静かで落ち着いた雰囲気です。
 

若松河田駅周辺エリア

都営大江戸線の若松河田駅周辺エリアは、曙橋エリアのさらに北側です。若松町、河田町、余丁町などから成り、東は市ヶ谷、牛込エリアに隣接、北には早稲田エリアがあります。新宿駅は西にちょっと行ったところです。
駅の南側に東京韓国学校があるため、韓国系の住民が多いエリアで、韓国料理店や韓国の食材をあつかう店が数多くあり、新宿区では新大久保周辺に次ぐコリアタウンとなっています。
かつてはフジテレビ本社があり、にぎやかな街でしたが、移転後は落ち着いた雰囲気になっています。
 

曙橋・若松河田の交通・どちらも新宿至近

曙橋からの新宿線、若松河田からの大江戸線、どちらも2駅でJR新宿駅にアクセスできます。東へは、曙橋から1駅でJR市ヶ谷駅、若松河田からは牛込柳町、牛込神楽坂を経てJR飯田橋駅に達します。
曙橋には靖国通りと外苑東通りという2つの大通りがあり、東西南北への移動が楽です。
 

曙橋の住みやすさ

防衛省がある曙橋駅北側は、どちらかというとオフィスビルが多く、商店や飲食店はまばらです。しかし、「あけぼの橋通り商店街」があり、「まいばすけっと」や「三徳」といったスーパーも、コンビニ、ドラッグストアもあります。飲食店も、駅近くや商店街にはたくさんあります。
駅南側に行くと一転して少しにぎやかな雰囲気になり、荒木町あたりには数多くの飲食店や居酒屋が軒を連ねています。
そのほか、外苑東通り沿いには大きいタイヤ店があり、靖国通り沿いには三省堂書店があります。入館無料の「釣り文化資料館」もその三省堂書店の近くにあり、周辺はお寺が多い落ち着いた雰囲気になっています。
 

若松河田の住みやすさ

駅の南側には東京女子医科大学とその付属病院が、かなり広い敷地に広がっています。北側にも国立国際医療研究センター病院があります。急な体調不良があっても駆け込めるでしょう。
買い物には、若松河田駅ちかくに「ライフ」、河田町コンフォガーデンちかくに「三徳」といったスーパーがあります。
飲食店は、曙橋エリアにくらべるとまばらと言えます。しかし、駅ちかくの若松町には「味韓」という韓国料理店、反対側の河田町には高級スペイン料理レストランの「小笠原伯爵邸」といったユニークな店があります。
また、駅前に新宿区役所の「若松町特別出張所」があり、各種の届け出・手続きに便利です。
 

曙橋、若松河田エリアの治安

新宿駅周辺という比較的治安の良くないエリアに隣接しているわりには、治安は良好です。新宿区を「新宿」、「戸塚」、「牛込」、「四谷」という4つのエリアに分けて見ると、もっとも治安が悪いのが「新宿」、逆にもっとも治安が良いのが「牛込」なのですが、曙橋・若松河田エリアは治安の観点では牛込エリアに入ります。治安が悪いのは新宿駅周辺だけで、特に歌舞伎町が最悪と言われます。少し離れた四谷や牛込は、もうかなり安全なエリアなのです。
 

曙橋、若松河田エリアの災害ハザード

大きな地震などに際して災害が心配される地域を押さえます。
曙橋駅周辺だと、市谷仲之町と住吉町、片町の間のくぼんだ地域、そして、四谷四丁目・愛住町と富久町の間のくぼんだ地域は「液状化現象のおそれがある」とされます。また、それらの地域の急斜面地には、地震のときに崩落するおそれが指摘されています。
若松河田駅周辺には、災害ハザード地域はありません。戸山一丁目、戸山二丁目、新宿七丁目など、少し離れたところにある急傾斜地には、地震の際の崩落のおそれが指摘されています。しかし、若松河田駅ちかくのエリアは、災害時の安全性が高いと言えるでしょう。医療機関がたくさんあるところも心強いポイントです。
 

曙橋エリアの賃貸物件事情

曙橋エリアは、四谷エリアにくらべると賃貸料が安く、全体的に見るとシングル層、単身者向けの賃貸物件が豊富です。
曙橋駅と若松河田駅の中間地点、どちらかというと曙橋にちかいあたりに(徒歩4分)UR都市機構が旧フジテレビ本社跡に「河田町コンフォガーデン」を建てており、このかいわいのランドマーク的な存在になっています。北側に東京女子医科大学病院、南側にはあけぼのばし通り商店街があり、曙橋エリアと若松河田エリアの「いいとこ取り」をした好立地です。
河田町コンフォガーデンの周辺には中・低層型マンション、アパートが数多くあり、同じように「いいとこ取り」の便利さを享受できます。そういう意味では、曙橋エリアでは駅から北側の住吉町や市谷仲之町のあたりがおすすめできます。
とはいえ、もちろん南側も捨てたものではありません。スーパーやドラッグストアが少ない点は弱みですが、徒歩圏内の四谷三丁目駅は東京メトロ丸ノ内線ですので、新宿はむろんのこと、大手町にも乗り換えなしで行けるのです。JR四ツ谷駅ちかくよりも割安な家賃でこの利便性がえられるのは大きなアドバンテージです。
 
  • このエリアの中・低層型マンションの賃貸料平均値をご紹介しましょう。
・1R:9.4万円
・1K:9.7万円
・1DK:11.5万円
・1LDK:16.7万円
・2LDK:25.2万円
・3LDK:26.8万円

曙橋エリアではかなり南の三栄町になりますが、ワンルームの「フォートレス四谷」が月45,000円と割安になっています。荒木町にはユニットバス、キッチン付きで月55,000円のアパート「松本荘」もあります。靖国通りに面した中層型マンション「ニューライフ新宿東」は、同じくユニットバス、キッチン付きで月58,000円と、たいへんリーズナブルです。
 

若松河田エリアの賃貸物件事情

若松河田エリアは、曙橋エリアよりもさらに家賃が下がります。そして、やはりシングル層向けの物件が豊富です。
河田町コンフォガーデンが「いいとこ取り物件だ」と書きましたが、若松河田駅ちかくであればスーパー・ライフがありますので、生活のしやすさでは同じレベルです。診療科が多い国立国際医療研究センター病院も徒歩圏(駆け込み可能圏)に入ってくることを思えば、少しいいくらいです。
このエリアの中・低層型マンションの賃貸料平均値をご紹介しましょう。
・1R:8.3万円
・1K:9.3万円
・1DK:10.6万円
・1LDK:16.4万円
・2LDK:23.2万円
・3LDK:24.8万円

全体的に、曙橋エリアよりさらに安くなっています。
若松河田駅から徒歩6分の河田町に、2012年の築浅、バストイレ別室、ウォシュレット、浴室乾燥機、オートロックという充実したスペックの単身者向け賃貸アパート、「アーバンプレイス四谷三丁目」があります。賃貸料は月65,000円。東京女子医科大学病院のすぐそばであるうえに、若松河田駅前の「ライフ」も、河田町コンフォガーデン内の三徳も徒歩圏内。たいへん便利でリーズナブルです。



四谷・四ツ谷・四谷三丁目の賃貸・物件・不動産

曙橋の賃貸

新宿御苑の賃貸